コラム

【保守】コラム

2020.03.01

ご存知ですか?
自動ドア安全規格JIS A 4722

自動ドアの「安全」に関する国家規格が新しく制定されました

自動ドアは、その利便性や経済性から幅広く利用されており、日々の生活に密着した社会的に不可欠なものとなっております。この自動ドアについて、高齢者や子ども、お身体の不自由な方、すべての人が安全に安心してご利用いただくことを目的に、自動ドア全般にわたる安全規格『JIS A 4722(歩行者用自動ドアセット-安全性)』が2017年3月、経済産業省により制定されました。

業界団体基準から国の安全標準へ

これまでも回転ドアの安全性に関してはJISが制定されておりましたが、広く使用されている引き戸タイプの自動ドアには、業界団体による安全ガイドラインしかありませんでした。

今回、歩行者用の自動ドア全般を対象としたJIS A 4722が、国際規格・欧州規格などを参考に日本特有の事情を反映させる形で「自動ドアの安全に関する国家規格」として制定されました。これにより、製造業者だけでなく、建築設計者から建物所有者まで各関係主体が取り組むべき内容が明確化され、すべての人がどの自動ドアでも安全に安心してご利用いただけるようになることが期待されます。

超高齢社会への対応(思いがけない事故の発生)

自動ドアの事故件数は、業界団体基準の安全ガイドラインの普及の取り組みにより減少傾向にありましたが、超高齢社会を迎え、下記のような「思いがけない事故」も発生しており、従来以上の安全対策が求められております。

事故時例【病院にて】
高齢者(70歳位)が、自動ドアのFIX部に手をついて送迎用車を待っていたところ、第三者が駐車場側から来たことでドアが開き、ドアに接触して転倒、大腿骨を骨折。

専門業者による保全点検が求められます

自動ドアの安全性を維持するために、JIS A 4722では、日常的な点検・清掃に加え、製造業者の保全要領書に規定する周期で、専門業者による定期的な点検・保全を実施することが求められています(JIS A 4722:2017|7.2保全点検)。

製造業者の規定する保全および点検
メーカー ナブテスコ株式会社
商品名 NATRUS Vシリーズ 自動ドア開閉装置
時期 保全・点検の周期 6ヶ月毎(年2回)~3ヶ月毎(年4回)
※設置環境または使用状況による
最低検査周期 12ヶ月毎(年1回)
作業者 ナブコ自動ドア販売店の自動ドア施工技能士が自ら作業を行なうか、又はその施工技能士に指導を受けた技術力を有する者が作業する。

保全および点検実施の結果は、各作業報告書に記録として残すことが必要になります。

ご使用中の自動ドアの安全についてご確認ください!

建物を訪れるすべての方が安全に安心して自動ドアをご利用いただけるように、現在、お使いの自動ドアに関して、危険な箇所がないかを今一度確認し、JIS A 4722にて要求される安全対策を実施する事をお勧めします。

お使いの自動ドアの安全規格JIS A 4722対応に関するご相談は、最寄りのナブコ自動ドア販売店までご連絡ください。

関連記事

最新のコラム

全国100ヶ所以上のサービスステーションへご相談ください。

故障の場合や、アフターサービスに関するご相談は、お客様がお住まいの地域のNABCOの正規販売会社へご連絡ください。
各営業所の連絡先はこちらからご確認ください。

  • 東日本地区コールセンター 0120-0725-86 24時間365日対応東日本地区コールセンター 0120-0725-86 24時間365日対応
  • 西日本地区コールセンター 0120-891-222西日本地区コールセンター 0120-891-222
  • 九州・沖縄地区コールセンター 0120-686-727九州・沖縄地区コールセンター 0120-686-727