TOP INTERVIEW

トップインタビュー

「世のため、⼈のため」は
「⾃分のため」。
これこそが我が社の企業精神。

代表取締役 山村 望

成長の鍵は
安定した需要と社員の支え

当社の歴史は長く、東京タワーの建設と同じ、昭和32年から既に始まっています。設立以来、“安心安全の空間創り”をモットーに、豊富な実績と確かな技術力を培ってきました。売上も順調に上昇の一途をたどり、リーディングカンパニーとして、現在、日本の自動ドアの中で約50%のシェアを獲得しています。
ここまで成長できた理由は大きく2つあります。単に製品の提供に留まるのではなく、設計・施工からメンテナンスまでを担うことで、安定した需要を確保していることがひとつ。そして最大の強みは、なんといっても社員です。モチベーションの高い社員が常に会社を支え、成長させてくれたことで最良の結果を生み出せたのです。

確かな人間力
それがナブコシステムの財産

会社はお金儲けが全てではありません。何をすれば儲かるかより、「社会に必要となる存在になる」、「お客様の立場になって考える」。まずこれを考えることが大切です。とにかく信頼関係を築くこと。信頼を得られれば、自ずと利益はついてくるものです。
私が新潟ナブコで社長を務めていた時、東日本大震災の翌日に、新潟長野県境地震が発生しました。あの時とっさに企業として何ができるかを考え、震災で被害を受けた自動ドアの修理費は、一切受け取らないよう指示を出しました。そして「何か困ったことがあればいつでも連絡をください」と、自ら名刺を配って回りました。
この時に得られた信頼は、私にとって大きな財産になりました。「世のため、人のため」は「自分のため」でもあるのです。
少々仕事ができなくてもいい。自分が関わるすべての人たちに心遣い、気遣いができる力と、志を持った人間になってほしい。これは過去から受け継がれてきた私たちの精神です。
自動ドアを扱う仕事は、多くの人々の暮らしを支える、誇りを持てる仕事です。
あなたと一緒に、一生忘れられない仕事ができる日を楽しみにしています。

ナブコシステム株式会社
代表取締役社長 山村 望

OUR BUSINESS

現在日本のビルの約50%で当社の自動ドアが使われています。さらに、トップシェアを誇る自動ドアを核として、ステンレスサッシ、高速シャッタードア、セキュリティー設備、自動門扉、デザイン建築素材、防火設備に至るまで、快適環境を実現するためのアイテムを取り揃えています。さらに設計、施工からメンテナンスに至るまで、製品を知り尽くしたプロフェッショナルとしての道を歩んでまいりました。私たちは国内外から最高品質の製品を発掘し、きめ細かな設計と施工そしてメンテナンスで「お客様にBestの満足を提供したい」、この思いを胸にこれからも取り組んでまいります。

REQUIREMENTS

募集要項